逍遥棋牌_逍遥棋牌游戏_逍遥棋牌app~

图片
menu

研究紹介

  • HOME
  • 研究紹介一覧
  • 農学部動物科学科築城幹典教授が日本草地学会賞(斉藤賞)を受賞

農学部動物科学科築城幹典教授が日本草地学会賞(斉藤賞)を受賞

掲載日2022.3.26


表彰状.jpg

農学部 動物科学科
築城 幹典
【草地生態学】

農学部動物科学科築城幹典教授が、日本草地学会賞(斉藤賞)を受賞しました。

受賞題目:草地生態系の環境影響評価に関する研究

採択理由:築城幹典会員は,「放射性物質の草地への影響に関する研究」,「温暖化が寒地型牧草生産に及ぼす影響に関する研究」,「草地畜産業の現場における環境影響評価に関する研究」,および「リモートセンシングを用いた草地環境評価に関する研究」等,一貫して草地生態系に次々に課せられる環境影響評価の諸課題に先駆的に取り組むとともに,得られた課題解決につながる研究成果を,常に日本草地学会誌ならびにGrassland Scienceを中心として公表し続け,国内外で高く評価されています。本課題に関連する論文は35編あり,このうち日本草地学会誌への掲載論文は8編,Grassland Scienceへの掲載論文は9編で,加えて,著書が8編,学会発表が77題(内国際学会発表20題)と数多く,その他特集記事,総説が2題を公表されております。また,作出した研究成果?開発技術を速やかに公知して畜産現場への普及に努めておられます。これら一連の業績は我が国の草地農業の発展上顕著な意義をもつことから,日本草地学会授賞規程第2条1項(斉藤賞)に相応しいと判断いたしました。

関連リンク
2022年度日本草地学会賞選考結果